ホーム[Home] | ISIとは[About ISI] | ニュース[News] | イベント[Event] | 会報[Journal] | 入会案内[Membership] | ISI会員[ISI Members]

 
過去のイベント

石川知弘先生・中島清史先生講演会

日程 2017年10月29日(日)09:00~17:00
場所 茨城県歯科医師会館(水戸市見和2-292)
内容 「DR&DTコラボレーション企画:チェアーサイド、ラボサイドのコミュニケーションにおけるポイント」
石川知弘 先生(石川歯科・浜松市、5Dジャパン)
中島清史 先生(KNデンタルラボラトリー)

石川知弘先生・中島清史先生講演会リーフレット(PDF形式)
お申込みの際は印刷し必要事項をご記入の上、FAXにてお申込み下さい。

臨床歯科医の役割は二点に大別され。第一に、疾患をコントロールすることによって組織破壊の進行を止めること。第二に失われた機能、審美性を再建することであると考える。CAD/CAMなど日進月歩の技工テクノロジーを駆使して最終的に患者の満足を得るには、チェアーサイドとラボサイドの綿密なコミュニケーションが不可欠である。実際には治療のゴールを設定し、治療計画を立案するところから始まり、プロビジョナルレストレーション、最終補綴まで多くの情報伝達が必要になるが、お互いを正しく理解するためには、治療のチームが持つべき知識の共有が重要である。本講演では、石川歯科、KNDが経験した治療例をもとに、歯科医院と歯科技工ラボとのコミュニケーションのポイントにつて、まとめてみたい。
参加費 会員・会員スタッフ大学関係者・学生
無料(弁当代1,000円別途必須)
一般(非会員)の方
DR:15,000円(弁当代込み)
DT:10,000円(弁当代込み)
DH:5,000円(弁当代込み)
定員 100名

第6回例会(症例相談会・検討会)

日程 2017年11月15日(水)20:00~22:00
場所 株式会社岩瀬歯科商会 水戸支店 セミナールーム
内容 「若年者の先天欠如に自家歯牙移植を応用した1症例等」
歯科医師 小林 良誌 先生(日立市開業)

先天欠如した部位に、インプラントが出来ない若年者は、乳歯が早期に脱落してしまったり、多数歯にわたり欠如した症例ではインプラントや矯正処置が出来ない場合があるが、代用できる歯牙があったり、埋伏した8番が、ある程度条件が合えば、自家歯牙移植という手段もオプションの1つと考え、成功した症例を、ご紹介したいと思います。最近行った、自家移植の症例も、共攬して見たいと思います。

「咬合挙上をおこなった2症例」
歯科医師 若松義昌 先生(高萩市開業)

歯の咬耗や喪失などにより咬合高径が低下している場合や修復材料に対して十分なクリアランスを獲得する必要がある場合、前歯の審美性を向上させる場合などに対して、咬合挙上を行うことがあります。今回、補綴スペースの獲得を目的とした症例と前歯の審美性の向上を目的とした症例、2例で咬合挙上を行ったので報告させていただきます。治療終了後経過の短い症例ですので、今後のトラブルや咬合挙上で注意することなど、会員の先生たちとディスカッションできればと思っております。
参加費 会員:無料
定員 20名

今後のイベント

  • 12/06(水)第7回例会(症例相談・検討会)&忘年会
  • 02/07(水)第8回例会(症例相談・検討会)
  • 03/07(水)第9回例会(症例相談・検討会)
  • 04/未定(水)第10回例会(症例相談・検討会)