web例会 2022.12.14 20時~

IOSを活用した全顎治療ケース    常陸太田市開業  菊池健志

欠損が多く咬合崩壊を起こしたケースは、どうしても治療が大がかりとなり、長期間、数回にわたる全顎的なプロビジョナルレストレーションが必要となることが多いと思います。プロビを作るにあたっては、特にIOS+院内ミリングシステムは大変使い勝手の良い道具であると実感しております。
また、一定期間プロビジョナルを口腔内で使用・調整後に、IOSフルスキャンを行い、最終補綴物に移行するプロセスも大変有用と考えております。
今回は、歯周治療、LOT、インプラント、咬合挙上、全顎的なプロビジョナル、IOSと実印象のマッチングというケースを提示しまして、皆様からのご指導を賜りたいと思います。